中性脂肪を下げるポイント|効果のあるサプリ・運動

中性脂肪下げる評判の運動とその効果的なやり方

 中性脂肪下げる運動として一般に評判が高いのは有酸素運動です。

これは呼吸を行いながらするもので、酸素によって脂肪の燃焼効率が上がり中性脂肪の増加を抑え、落としていくことが可能だからです。

これは筋肉の負担が少ないため、
初めて行う場合でも筋肉痛などがなく、入りやすい方法です。

これを毎日20分おこなえば効果があるのですが、少なくとも週3日行わなければ効果は期待できません。

では、具体的にどのような運動が良いのでしょうか。

評判が高いのはウォーキングで、最初に行うには最適です。

もう少し強めの運動を行いたいときは、
サイクリングや水泳が適当です。

サイクリングロードもかなり整備されてきましたし、
温水プールも増えていますので、やりやすくなったスポーツです。


 中性脂肪下げる効果があるが、あまり評判がよくないものに無酸素運動があります。

これの中心は筋肉トレーニングで、続けることで筋肉量が増え、
基礎代謝が上がって脂肪を燃焼しやすい身体を作ります。


 中性脂肪下げる場合には脂肪を燃やすために、摂取カロリーよりも多くの消費カロリーが必要になります。

毎日ジョギングをしているからと言って中性脂肪下がるわけではなく、
合わせて食事を適切なものにする必要があります。

特に難しくなく、青魚や食物繊維を増やしてカロリー収支の計算を行えばよいのです。

食事による摂取カロリーは材料のカロリーで計算すればよいのですが、消費カロリーの計算についてはあまり知られていません。

わかりやすいのはメッツ値を使う方法で、
スポーツごとにメッツが決まっています。

メッツについては独立行政法人 国立健康・栄養研究所にて詳しく解説がしてあります。

消費カロリーは体重とメッツと時間を掛けたものの1.05倍したものになります。

カロリー収支を計算することでより効果的に中性脂肪下げることができるようになります。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。